チチガの味も予防できるの?チチガの原因や確認方法

チチガの嫌なところはがすることではないでしょうか。
性行為をしてる時にパートナーに乳首を舐められることもあると思いますがそんな時不安になってしまいますよね。

 

アポクリン線の汗は元々苦味をもちます。
またチチガに関しては酸味をもったりしネギっぽかったり玉ねぎっぽい味がします。

 

チチガの味がする原因は臭いがする原因一緒ですので臭い対策をすることは味の対策も行えると考えて問題はありません。

 

チチガの原因

チチガの原因はワキガと同じで汗腺による汗の問題です。
体温調節をする汗を分泌するエクリン線とは違いアポクリン線の汗腺から分泌された汗に問題があります。

 

アポクリン線の汗には脂肪酸や尿酸、アンモニアやたんぱく質が含まれています。
※エクリン線の汗には99%が水と塩

 

この栄養素が皮膚の常在菌や下着に付着している菌により分解されるとチチガが発生します。
この時に同じく苦味をもちます。

 

汗と菌が混じり合ったことが原因になりますのでアポクリン線ではなくエクリン線の汗を分泌してもチチガにはなりえません。

 

チチガは遺伝する?

チチガは遺伝します。
厳密に言うとチチガが遺伝するというよりもアポクリン線の汗腺の数が遺伝します。

 

つまり体質が遺伝してしまうんですね。
アポクリン線の数は年齢を重ねたからとって増えることはありません。

 

産まれた時から汗腺の数は変わりません。
これはアポクリン線でも同じことが言えますのであなたがチチガ体質かどうかは生まれた時には決まってるんです。

 

遺伝する確率も非常に高く
片親がもしチチガ、ワキガ体質であれば50%程度、両親の場合であればおよそ80%も遺伝すると言われています。

 

チチガは急になることはある?

ワキガもそうですがチチガも急に発症することは考えにくいです。
チチガは他人からうつるような感染力があるわけではありません。

 

お話ししたようにアポクリン線の数は変わりません。
なので臭いが気になりだしたのであれば元々チチガになる体質であったと考えることができます。

  • 思春期
  • 妊娠中
  • アポクリン線を刺激する食事内容

などなにらかしらのきっかけでチチガが発生したと考えるほうが自然でしょう。
つまりチチガ予備軍であったということです。

 

チチガの確認方法

自分がチチガかどうかの確認方法を知っておく必要があります。

  • ワキガである
  • 耳垢がべたつく
  • 下着が黄ばむ
  • 乳首を舐めると苦味がある

当てはまる項目が多いほどチチガである確率が上がります。

 

ワキガ体質である

 

もしあなたがワキガで既に悩んでるのであればチチガでもある可能性は非常に高くなります。
ワキガであるということはアポクリン線の汗腺の数が多い証拠ですので乳輪周辺も同じことが言えます。

 

耳垢がべたつく

 

耳の中にはアポクリン線が存在していますので汗腺が活発だと耳垢がべたつき常に湿っていることになります。

 

下着が黄ばむ

 

アポクリン線の汗は通常の汗とは違い黄ばみをもちます。
もし下着が黄ばんでるのであればアポクリン線が活発に働いてることになります。

 

乳首を舐めると苦味がする

 

乳首に苦味があるということはアポクリン線の汗の成分が菌によって分解されてることになります。

 

チチガのおすすめ対策

汗をかかなければチチガの臭いも味も発生しないのですが下着で蒸れやすい部分であったりしますよね。
少数意見ではありますが「ブラは汚れないから毎日洗濯しなくても大丈夫」という考えの人もいるようです。

 

下着に菌が付着してると繁殖しやすいです。
アポクリン線の汗は皮膚だけではなく衣類の菌によっても分解されてしまいます。

 

特に乳首に触れる下着は常に清潔にしておくのは基本的な部分ですが大事なポイントです。
また汗をかけばこまめにふき取るのも有効です。

 

チチガにはクリーム予防が楽

とはいえチチガだと汗を拭きとるのも簡単なことではないと思います。
でもそのままにしておくと臭いは悪化してしまうしデートなんてしてると気が気でないですよね。

 

なのでチチガで悩む多くの方は汗を抑え菌を殺菌してくれるクリームで対策をしています。
基本的には塗り直しは必要なく1日チチガを抑えてくれるためです。

 

もちろん市販で販売されてるようなクリームではなくチチガやワキガのような強い刺激臭対策を目的としているクリームの場合です

 

自分がチチガだと気づかない人はとても多いです。
例え刺激臭でも自分の臭いは自分では気づにくいためです。

 

まずはセルフチェックをしチチガの臭いも味も対策をしていくことができるでしょう。